公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2022 10月)

◆ 空へのあこがれ

インターネットの記事を記憶にとどめます。「空へのあこがれ」。

10月6日夜、名古屋上空を飛ぶスカイマーク国内便で、機長のアナウンスが始まりました。目的地までの飛行ルートなどを一通り説明し、「私事ですが」と断って話し始めたのは、14年前の少年との出会いでした。

「どうしたらパイロットになれますか」という会社宛てのお便りに返事を書いたこと、手紙やメールのやり取りが長く続き、その後航空大学校に進んだこと。

その彼が夢をかなえ、今この便に乗客として搭乗している、と。「これからは同じ職業の仲間です」。アナウンスを終えるころ、祝福とエールの拍手が機内に響きました。

スカイマークによると、この便は仙台発神戸行SKY157便。アナウンスしたのは浅井機長でした。機長のサプライズに心動かされたある乗客が、「良い便に乗れた」と。「機長とパイロットを夢見る少年」という間柄は14年後、大空を舞台にした先輩と後輩に。

浅井機長に聞きました。「航空大学校を卒業してエアラインパイロットへのスタートラインに立てたことへのお祝いと、「後輩と先輩」の間柄になれた喜びを、お客さまと共有したいと機内アナウンスをさせていただきました。

しかしながら、一日のお仕事終わりの後にご搭乗いただいたお客さまもいらしたと思います。お疲れの中、個人的なお話で貴重なお時間を頂戴してしまったことには、申し訳なく思っています」

拍手が起きたそうです

「スタートラインには立ちましたが、これから待ち受けている厳しい訓練期間中、自信をなくしたり、落ち込んだりすることが必ずあると思います。そんな時にこそ今回の157便でたくさんのお客さまからいただいた拍手を思い出し、一日も早く副操縦士として大空を羽ばたいてほしいと思っています」

【投稿日】2022年10月22日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 鉄道開業150年

日本で初めての鉄道が開業してから本日10月14日、150年を迎えました。東京・新橋と横浜を結ぶ約29キロで開業。今はJRと私鉄を合せた旅客用線路の総延長は約2万7000キロ。年間の利用者数は延べ約188億人に上り、貨物約3890万トンが運ばれています。

近くを走る総武線は、鉄道開業より22年経過した1894(明治27)年に市川ー船橋ー千葉ー佐倉間で営業開始し、翌年1895(明治28)年に津田沼駅が営業開始されました。

【投稿日】2022年10月14日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 船橋業業協同組合訪問

船橋漁業組合に伺い意見交換をいたしました。磯の風を受けながら構内も案内していただきました。

水門及び高潮対策として護岸2メートルアップの大規模な工事も大きな事業として安全を守ります。

【投稿日】2022年10月13日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 暮れなずむ秋の空

郷愁を呼ぶいっとき、その一コマでした。


【投稿日】2022年10月9日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 昭和の思いで 

50年ぶりに中学・高校と一緒に過ごした友人に会い、彼の見事な作品をいただきました。

 

 

【投稿日】2022年10月5日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会