公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2020)

◆ 令和3年度予算要望

本日、10月26日、松戸船橋市長に船橋市議会 公明党市議団の令和3年度予算編成に関する要望書を届けました。11分野313項目の内容になりました。

重点項目として8点を記します。

 

重点項目1

公文書管理条例の制定と公文書の適正管理を行うこと

①公文書管理法に基づき公文書に関する理念を明確化

②理念に基づいた公文書の適正管理と活用の検討

 

重点項目2

市公式アプリ「ふなっぷ」の積極的活用に努めるこ避難所の混雑状況や周辺避難所などを、避難者があらかじめ把握できるような情報発信

  • 隣接市の避難所情報の掲示(県・近隣市との協議)
  • みまもりあいアプリを起動、またはインストールを促す仕組み
  • 市民便利帳など、市民に広く配布される冊子へのリンク
  • 電子申請の充実と使い勝手の向上
  • 学校における防災教育などへの活用

 

重点項目3

ゼロカーボンシティの表明をすること

 

重点項目4

令和3年4月の社会福祉法改正に向けて体制を整備すること

  • 重層的支援体制整備事業

「断らない相談支援」・「参加支援」・「地域づくり」・「アウトリーチ  (訪問)型支援」を一体として行うこと

  • 8050問題、ダブルケア、高齢者虐待などの、複合的な課題解決  のた め、住民・民間団体等と連携するなどのソーシャルワーク(社会福祉援助技術)ができる職員を育成すること

 

重点項目5

結婚新生活支援事業を導入すること

 

重点項目6

円滑に産前・産後の支援、特に産後ケアを提供できる体制を構築すること

・妊産婦等への育児用品等による支援

 

重点項目7

GIGAスクール構想の早期実現に努めること

・機器のトラブルにすぐに対応できる一元的な窓口体制を早急につくること

 

重点項目8

文化と賑わいの発信地であり、玄関口でもある船橋駅南口の市街地再開発事業(C街区と西武跡地再開発)について、積極的にリードすること。

 

 

【投稿日】2020年10月26日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

◆ 秋風

最高の秋空の下、地元町会のグランドゴルフ大会が開催され参加しました。グランドゴルフ協会が示しているガイドラインを厳守し、きめ細かく安全確認をしての進行でありました。最高の一日でした。

市内では新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生し、さらなる警戒態勢で臨んでまいります。

【投稿日】2020年10月25日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 北習志野駅沿線ケヤキ処理

北習志野駅に近い線路際のケヤキ3本の処理が終わり、歩行者空間が確保できました。4年前に担当課へ相談していた案件ですが、この度の英断に敬意を表します。

【投稿日】2020年10月22日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 銀座駅リニューアル

地下鉄メトロ銀座駅がリニューアルされましたので、視察に行きました。長い期間にわたるリニューアル工事でしたが、洗練された清潔感漂う駅に生まれ変わりました。地上部の落ち着いた風景とビル全体のショーウインドウは何度見ても最高です。

 

【投稿日】2020年10月21日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 北習志野駅の朝

北習志野駅、朝の駅頭活動で一日をスタートし、多くの方に激励をいただくことができ格別の喜びです。マスクを浮かせ挨拶を返していただいた今朝でした。

 

【投稿日】2020年10月20日 【カテゴリー】議会活動

◆ 第20回公明党千葉県本部大会

10月17日㈯午前10時より、山口代表を迎えて公明党千葉県本部大会が開催され、新執行部体制が発表され新・千葉県本部代表に平木大作参院議員、新・幹事長に横山秀明県会議員が就任しました。

【投稿日】2020年10月18日 【カテゴリー】活動日誌

◆ ジェッツアリーナ開幕戦勝利

ジェッツアリーナ開幕戦、貫禄の勝利でした。制限された応援であり、様々工夫満載のスタンドでした。

【投稿日】2020年10月17日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 八街落花生おおまさり

八街市の友人を訪ねました。突然の訪問にも笑顔で歓談でき懐かしい思い出を楽しみました。この時期、一面の落花生畑には、天日干しの風景がありました。八街に落花生が導入されたのは明治29年ごろで、土壌が育成に最適と言われ、農家などの献身的な努力により、落花生栽培は明治末期から急速に発展し、大正初期には特産地となったと、観光PRにありました。現在収穫量は全国1位を誇り、品質の改良・加工方法の改善などを通じて、八街の落花生は日本一と称賛されています。特産おおまさりは、落花生の歴史を塗り替えた見事な商品と思います。

落花生の話を後に別れをつげましたが、小生の車を見つめながら「すてきな見送り・見守り」するバックミラーの友人に涙しました。ありがとうございました。

【投稿日】2020年10月15日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 感染傾向の下水から予測

10月13日、東京新聞 TOKYOU WEBで船橋市の新型コロナウイルス対策が報道されました。
『新型コロナウイルスの感染状況を、採取した下水から把握しようと、船橋市は十二日、金沢大学(石川県)の本多了准教授と同日付で協定を結んだと発表した。新型コロナの感染から発症までの潜伏期間は一〜十数日とされる。トイレなどから流れた下水を調べることで早期に感染拡大の予兆や感染傾向が分かり、警戒にもつながる可能性があるという。
 新型コロナは欧米などで下水から相次いで検出されたことが報告されている。このため同市は六月二十五日から、市内の高瀬下水処理場(処理人口約二十六万人)と西浦下水処理場(同約十一万人)の沈砂池から週ごとに二日、一回当たり各二百五十ミリリットルを採取。冷凍保管してきた。
 本多准教授は、日本水環境学会で新型コロナを研究するタスクフォースの幹事長を務めている。今回の協定で、船橋市の二つの下水処理場の下水を提供し、ウイルス量などを分析してもらう。PCR検査で市保健所が把握する発生状況のデータとを重ねることで、実際の感染状況との相関関係も検討できるとしている。
 松戸徹市長は「感染拡大の予測につながるような成果が上がるよう期待している。予測できれば、事前に手を打つことができる」と話した。
 市によると、日本水環境学会のタスクフォースは今年五月に設立され、各地の大学教授や国などの機関、民間企業が共同研究している。同市と同様に下水を提供しているのは、東京都や横浜市、川崎市などという。 (保母哲)』
船橋市在住の陽性者数は592例になっています。(10月13日現在)
今後の感染予測や医療体制に役立つものと期待しています。
(船橋市ホームページより:高瀬下水処理場)
【投稿日】2020年10月13日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 気仙沼のサンマ うまい

10月10日NHK NEWS  WEBサイトより 気仙沼のサンマ

気仙沼の友人から、昨日気仙沼に初水揚げされたサンマを送っていただきました。口先が青い、形の素晴らしいサンマさんでした。

ご近居の皆さんと食しました。感謝。

 

【投稿日】2020年10月11日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会