公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2018)

◆ 近年まれな寒波と雪

1月22日夜近年まれな寒波で降り出した雪は日にちを超えた午前2時くらいは止みました。1月23日の朝の自宅2階からの写真ですが一面白一色になりました。

近所では雪かきが始まり、あっという間に生活道路は回復しました。地域力を感じる朝の一時、雪かきでした。

【投稿日】2018年1月23日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 大阪 吹田市 北大阪健康医療都市視察

1月17日(水曜日)大阪府吹田市の「北大阪健康医療都市 健康・医療もまちづくり加速化プラン」を視察いたしました。

海老川上流地区まちづくり調査・研究特別委員会としてうかがいました。

吹田市と摂津市の両市にまたがる北大阪健康医療都市では、国立循環器病医研究センターの移転建替えをはじめ、市立吹田市民病院、駅前複合施設、健都イノベーショウンパーク、健康増進公園の整備など、多様な事業主体による「健康・医療」をコンセプトとした施設整備が急ピッチで進んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【投稿日】2018年1月17日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌

◆ ICAN事務局長

公明党山口代表は、1月16日衆院第1議員会館で開かれた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長と各政党代表者による討論会に出席しました。

代表は、核拡散防止条約体制下での核軍縮の重要性を力説し、核軍縮の進展へ日本は保有国にも賛同が得られる橋渡しをしたいと述べました。

【投稿日】 【カテゴリー】活動日誌

◆ 物言う大人に

2018年1月8日公明新聞主張「成人の日」として、「自己を表現し、物言う大人に」とありました。その結輪のくだりに次のようにありました。『自身の未成熟をむしろ「武器」として、政治の「常識」もさえも異議申し立ての声を上げる一人一人であってくれ玉給え!!』と。

現実世界は不条理性に満ちているのであって、合理的思考だけで切り盛りできるほど甘くも単純でもない。周りの人々と不条理を条理に変えていく不断の努力を続けていきたい。

 

薬円台南小学校校門前で知人と待ち合わせした時、校歌の碑を収めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【投稿日】2018年1月7日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 心臓外科の驚異

年末、深夜に胸の痛みを訴え緊急手術を受け、一命をとりとめた喜びの体験をうかがいました。真夜中にもかかわらず。10時間の手術を行う医療スタッフが整う充実に驚いております。日本医学会の体制に敬意を表します。

あらためて日本の力を身に沁みました。日本の力を大きな青空とともに感じました。

【投稿日】2018年1月2日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 輝かしい元朝

青空のすがすがしい元朝を迎えました。

心機一転、更なる前進を誓いました。多くの支持者とともに新年を祝いました。

昨年末、心臓の緊急手術を受けた先輩もお元気に元旦を向かえて大きな喜びです。

古和釜の夜

【投稿日】2018年1月1日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会