公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2018 8月)

◆ 東葉高速鉄道運賃問題

東葉高速鉄道の運賃問題に関する懇談会が新高根芝山地区自治会連絡協議会主催で行われ参加させていただきました。まちづくりの観点から意見交換をいたしました。

何しろ東葉高速鉄道がかかえる有利子負債2600億円の認識課題については参加者一致でありました。

【投稿日】2018年8月31日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 沖縄知事選挙

9月13日告示、同30日投票の沖縄知事選挙、候補者・佐喜真アツシ前宜野湾市長の必勝を期していきたい。公明党は佐喜真氏の推薦を決定し、自民党とともに勝利へ向け全力で前進しています。

北側公明党副代表は「沖縄の未来を開いていくためには、経済振興が大事であり、宜野湾市長として多くの実績を築いてきた佐喜真氏こそ沖縄の未来を託せるリーダー」と語り、佐喜真氏も「公明党と一緒に戦えることを誇りに思う」と述べられました。

佐喜真氏は千葉商科大学の同窓であり、必勝を期してまいります。

【投稿日】2018年8月27日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 秋虫

秋虫の声声。8月末になり物悲しい秋虫の声が聞こえます。

体調万全で秋の第3回定例会に向かいたい。食欲も落としてはいけないと痛感しています。食から体調を整えていきたい。

市川市国府台によく出かけます。里見公園、江戸川堤も気に入っています。近くの国分に「トラットリアポテトの『梨のドレッシングとトマトの生ハムの冷製カペラ―ニ』イタリアン料理が気になります。市川食材こだわり旬の味、を楽しみたい。

【投稿日】2018年8月26日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 聴くというのは待つこと

読売新聞『時代の証言者』№10(2018年8月25日)で長谷川和夫氏は、「聴くというのは待つことです。そして待つというのは、その人に自分の時間を差し上げること」と述べられています。

長電話で困惑する日々、時間との闘いと感じるあせる日々ですが、長谷川氏の思いに立てる自分を磨いていきたい。

【投稿日】2018年8月25日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 復興スタジアム完成

釜石鵜住居復興スタジアムが完成しました。日本選手権7連覇した新日鉄釜石のラグビーのまちでのうれしいニュースでした。

【投稿日】2018年8月23日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 礼節

第100回全国高校野球選手権記念大会は甲子園球場で決勝戦が行われ、大阪桐蔭高校が秋田県金足農業高校を13対2で下し、春夏連覇で幕を閉じました。

優勝した大阪桐蔭高校選手がホームプレート上に整列し、母校の校歌を歌いあげ、場内に向け礼をした後、同校キャプテンと副キャプテンが相手チームの金足農業高校ベンチ前に整列する選手に礼をした。なんともすがすがしい、スポーツマンらしく輝く姿でした。

一昨日、船橋駅百貨店副店長さんを訪ねた際、出口まで見送っていただき恐縮しましたが、私の姿が消えるところまで見送って礼をしていただきました。老舗の歴史と接客をつくづく勉強した時でした。

【投稿日】2018年8月22日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 抵抗力をつける

首都圏を中心に風疹の流行する兆しがあるとの報道がありました。特に妊娠中の人は速やかに抗体検査を受け、ウイルスへの抵抗力が十分でない場合は人混みを避けるような注意が必要とのこと。妊婦さんはワクチン接種が受けられないため、家族や同僚らが自分が摂取する必要があるかどうか検査で確認しなければならない。

ワクチン接種、心身ともに十分でなければ打てないことを先日摂取しました肺炎球菌ワクチンで実感しました。ワクチン接種は体調万全でなければならないことも知りました。

【投稿日】2018年8月21日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 肩の力を抜いて

第100回夏の高校野球も今日でベスト4が決まり、明日は一日休養日。一日休養して明後日の準決勝、そして頂点を目ざす決勝へと各チームそれぞれの方法で体調を整えていることでしょう。

私も高校野球に汗を流し、良き指導者に出会えた喜びは大きい。「肩の力を抜いて、1球でワンアウトを取る投球を目指そう」とのアドバイスは今も鮮明に覚えています。

しかし、日常生活は自身に「肩の力を抜いて」と言い聞かせながら、「人から良く見られたい」思いからくる焦りと、苦しさで悩んでいます。

【投稿日】2018年8月18日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 紙面旅

詩人の暁方ミセイ氏が8月15日付読売新聞で「今年も花巻に行けず仕舞いの夏になりそうで、がっかりしている。仕方ないから恋しい土地の観光案内でもしてみる。」と宮沢賢治の故郷、岩手県花巻市についてエッセイ風に書いていました。

私もこの夏もどこへ行くこともなく過ごしいていましたが、暁方氏の文書にふれ、恩師野村隆夫先生の『丹後=ちりめん誌』を読み返しながら、丹後旅行の思い出を楽しみました。

気温が急に下がってきましたが、市内大神宮下の理容室が店舗前に立ちあがり型の扇風機を回している光景を見かけました。なんといかしたアイデアで、通りすがりの市民に元気を送ってくれていました。

【投稿日】2018年8月17日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 戦後73年 

平成最後の終戦記念日となった本日、平成30年8月15日。

日本武道館では政府主催の全国戦没者追悼式が天皇、皇后両陛下のご出席のもと行われました。

読売新聞は「平成の平和 次代へ」とヘッドラインを示した。

手帳の年表で亡き父の年齢を確認しようとしましたが、100歳を超えて年表からは消えていました。

【投稿日】 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年8月
« 6月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会