公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2011)

◆ スポーツ基本法

  本年(平成23年)8月24日、「スポーツ基本法」が施行され、船橋市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例が文教常任委員会で質疑されました。基本法は「スポーツは、世界共通の人類の文化である。」との前分で始まります。また「すべての人はスポーツをする権利を持つ」とする新しい権利も誕生しました。

 1978年にはUNESCOが「体育およびスポーツに関する国際憲章」を採択し、「体育・スポーツの実践はすべての人にとって基本的権利である」と既に記されている。その他、諸外国において憲法や法律でスポーツ権を明記している例が多くある。(毎日新聞2011.6.22)船橋市の自主的かつ主体的、地域の特性に応じた施策の策定が待たれる。

【市川市を訪ねる】若くして逝去した鹿児島の友人との思い出の地、市川市をたずねました。駅前再開発ビル展望台から彼の下宿を探しました。(写真上は国府台方面、下は江戸川河川敷と江戸川区小岩方面)

【投稿日】2011年12月9日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 鈴木宗男氏

 受託収賄罪などで収監された鈴木宗男氏が仮釈放されました。たまたま松山千春氏のCDを聴き、過日佐藤優氏の講演を拝聴しましたので、氏の記者会見が気になりました。「私は生涯政治家。」と意欲を示したとのこと。松山・佐藤・鈴木各氏の連携もどのように進むか関心があります。

 冬の高根近隣公園も落ち着いた雰囲気がありました。

【投稿日】2011年12月8日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 議員提案条例

 船橋市議会本年第4回定例議会、一般質問終了後、議員提案条例3案が上程され質疑がされました。選挙運動費用、自殺対策、食育についての条例であり、提案者は本年選挙で当選された二人でありました。議員間での質疑であり、船橋市議会の変革へ大きく前進したと受け止めました。

地域の安全対策、松が丘4丁目4番地先、かなや歯科前変則交差点で交通事故にあわれたご婦人の要望をお聞きしました。市交通安全課課長も現場を認識していただいており、種々アドバイスをいただきました。また、側溝の改善も要望いたしました。

【投稿日】2011年12月7日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌

◆ 消費税

 野田首相は、経済好転とは関係なく消費増税準備法案を11年度末までに提出する意向を示した。国内外に消費税増税をアピールするようだ。もはや日本の財政に疑義を唱える諸外国に対する財政健全化に向けたアピールかも。

 そんな空気が漂う中、五十嵐文彦副財務大臣は11月21日、税と社会保障の一体改革に伴う消費税増税について。13年10月以降に7~8%への税率の1回目の引き上げがある。残りは15年の4月か10月になる、と。しかし、五十嵐氏は「私の予想で、政府としてそうするといってるのではない」と述べている。ちぐはぐな内閣。

 薬円台4丁目(薬円台小学校)と薬円台5丁目(薬円台高校)に挟まれた市道、新京成電鉄習志野台へ向かう道路でありますが、暗いと何度と無く指摘を受けてきました。今の縦割り行政では解決の糸口が見つかりませんでもんもんとしていましたが、近くの千葉県営住宅にお住まいのK氏に久しぶりに会い、K氏の課題解決手法に学びました。

【投稿日】2011年11月24日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 専決処分

 船橋市議会第4回定例議会の議案勉強会初日でした。市議会議決として専決処分の指定について定められている。市長において専決処分にすることができる事項を次のとおり指定されている。(1)1件100万円以下において、法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めること。(2)1件100万円以下の事件についてする和解又は調停に関すること。(3)市営住宅の家賃の支払又は明渡しに係る訴えの提起、和解又は調停に関すること。今議会には8件の専決処分の報告がされています。そのうち一部の損害賠償額が「概算見積書金額」で決定されているものがありました。何ゆえ正式な見積書を取り寄せないのか疑問に思いました。「概算」とは、おおよその見積り、あらましの計算、と言う意味であることから、損害賠償額を決定する根拠にはなりえないと考えます。

 古川さんお元気に帰還。「富士山は日本人の心」とISSからの最後のツイッター。

【投稿日】2011年11月23日 【カテゴリー】活動日誌

◆ ソフトバンク孫正義社長のビールかけ

 本年のプロ野球・日本シリーズはソフトバンクが栄冠をつかんだ。テレビから映し出されるビールかけの模様、ビールかけの賛否はともかく、選手の歓声と勝者の喜びがあり、ビールかけの輪には孫社長がおり、真顔の喜びはこちらにも伝わってきました。最強チームの支えがここにあったのかとも思いました。

 国会内で中選挙区制度の復活を目指す「衆院選挙制度の抜本改革を目指す議員連盟」が11月17日開催され、公明党より富田茂之幹事長代理(千葉県公明党代表)が参加した。

【投稿日】2011年11月22日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 予算編成に関する要望書と脳脊髄減少症患者支援の会

  11月18日公明党船橋市議会 公明党市議団は、藤代孝七市長に対し、平成24年度予算編成に関する要望書を提出しました。席上、齋藤幹事長から「東日本大震災から8ヶ月が経過し、内外に課題山積であるが、そのような時こそ生活現場に密着した、地方自治が市民生活を守り抜くための道筋を明確にし、将来への希望へつながる施策の展開が必要である」と強調し、その上で89項目の具体的な要望をしました。

IMG_0001

 脳脊髄液減少症患者支援の会「子ども支援チーム」(鈴木裕子代表)が発行している『子どもの脳脊髄減少症』啓発冊子が茨城県取手市の全25の市立小・中学校へ配布されたことが11月18日付け公明新聞で報じられました。この運動を推進する習志野台在住の川野様母子のお元気な姿がありました。

 IMG_0002

【投稿日】2011年11月19日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌

◆ 平成23年第4回定例会議案提出される

 平成23年第4回定例議会が11月21日開会されます。昨日11月17日決算の認定9件及び議案13件が提出されました。今議会では私は議案質疑をさせていただきます。

 議案第12号は船橋医療センターにおける医療行為による損害賠償請求について、損害賠償額金41,937,000円を定めるものです。がん所見を見落とし、無くなった患者の遺族に船橋市が賠償するためのものです。

【投稿日】2011年11月18日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 11月17日結党47周年

IMG_0002 2011年(平成23年)11月17日公明党結党47周年を迎えました。地方議員の1人として、党員、支持者の皆さまの温かいご支援に対し、衷心より感謝と御礼を申し上げます。「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との立党精神を噛み締め精進してまいります。

【投稿日】 【カテゴリー】活動日誌

◆ 不可解な車止め

 習志野台2丁目19番地先、一戸建て個人住宅の玄関前に歩道への車輌進入を防ぐ車止めがありました。現場確認で何故この場所に車止めが必要なのか不思議に思いました。住宅玄関前でもあり、このたび撤去していただきました。

【写真は車止め撤去後:工事跡が道路上に見えます】

【投稿日】2011年11月17日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会