公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 2009)

◆ 2009年お世話になりました

おせわになります、お互い様ですね、と挨拶する一年でした。大変ありがとうござました。
感謝の気持ちと、いろいろ欠点はありますがどうぞお許しくださいとの気持ちをこめて、共にお互いさまですね、と挨拶させていただくことが多かったと思います。
本年、千葉県知事選挙、船橋市長選挙、衆議院総選挙と党員、支持者の皆さまには大変お世話になり衷心より感謝申し上げます。
チーム3000の一員として使命を果たして戦って参ります。一年の感謝をこめて。お世話になりました。

【投稿日】2009年12月31日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 清水宏保選手とイチロー選手

いなか・千葉県富津市竹岡の海は年末も穏かな様子。本年もお世話になりました。

すぐ来る新しい年のビックイベント・バンクーバー冬季オリンピックのスピードスケートの代表に清水選手が選ばれる可能性が消えたと報道されました。身長162センチの小柄で世界を相手に立派に戦ってきた選手で残念です。世界記録を何度も塗り替え、男子スピードスケート界でも次の選手を育てるために尽力され、その意味からワールドベースボールで若い選手をグイグイ引っ張り勝利を勝ち取ったイチロー選手の人生観の一致を感じます。
女子選手では凄い中学生・高木美帆選手が登場し、爆発的な期待に包まれそうです。

【投稿日】2009年12月30日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 持続をしていくこと

Yさんよりありがたいご指導をいただきました。年末を締めくくる懇談、幾多の体験を通し更なる前進の要諦をうかがいました。それは、持続の大切さ、あきらめない日々の生活を強調されました。
最後の最後まで戦う息吹を教えていただきました。
街なかには公明党山口代表のチーム3000のポスターが工夫され貼り出されています。

【投稿日】2009年12月29日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 市役所仕事納め

企業を先週うかがった折、12月28日は各自の有給休暇を消化していただき、会社全体としては休みますとお聞きしました。今週1日の仕事の能率より、休んだほうが得策とのことでした。
市役所は今日が仕事納めでした。一年間大変ご苦労様でした。

【投稿日】2009年12月28日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 古今東西「今を」大切にする哲学

ワイマール・ゲーテ協会顧問のマンフレット・オステン博士は「日本語の表現は、短歌、俳句も同じですが、「今」を最も強調している。ゲーテも、「今」を重視する詩を多く残している」この点が、日本文学とゲーテとの一体感が生まれてくる、と講演されました。
「今」へ邁進して参ります。

【投稿日】2009年12月27日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 年末ご挨拶

土曜日でありましたが「い・い・レポート」をお届けしながら、地元企業、支持者の皆さまへの訪問・年末挨拶をさせていただきました。
事業者はあわただしく仕事され、個人住宅は留守の家庭もありましたが、帰宅後すぐ「レポートを拝見しました」とのお電話をいただき、ありがたく、感謝申し上げます。素早い反応をいつも教えていただいている先輩からのお電話でした。
飯山満町の設備会社社長ともお会いでき、建設業界の冷え込みのお訴えを聴きました。鳩山政権の「コンクリートから人へ」のキャッチででどれだけ建設業界が疲弊しているかとのご指摘をいただきました。
この企業訪問した折、社長は現場から帰ってきた様子でありましたが、快く対応していただきました。(感謝)
T設備会社の近くで青々とした生垣をカメラに収めました。

【投稿日】2009年12月26日 【カテゴリー】活動日誌

◆ ワクチン全額公費負担検討

議会でも主張しておりました乳幼児細菌性髄膜炎を防ぐHIB(ヒブ)ワクチンなど3種類のワクチンの全額公費負担の検討が始まりました。「ワクチン後進国」からの打開を目指すものです。多くの患者さんからの要望実現の期待が早まりそうです。

【投稿日】2009年12月25日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 会計監査

公明党船橋総支部収支報告書の公明党千葉県本部会計監査がありました。
毎年この時期、来年県選挙管理委員会へ提出する前の事前監査であります。
同僚議員が会計ソフトを作っていただいたおかげで、ほぼ出金項目の入力だけで、試算表が作成され大助かりです。本当にありがたいソフトです。
今期末はごたぶんにもれず繰越金がそこをついてしまい、新年度予算作成にに苦慮することになりました。
なにわともあれ、無事監査を終了でき、ほっとしています。

【投稿日】2009年12月24日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 『ありがとう』

横浜市長になられた林文子氏はその著ですべては「ありがとう」から始まるといわれています。
師匠は「「ありがとう」は奇跡の言葉である。口にだせば元気が出る。耳に入れば勇気がわく」と。
歴史家・トインビー博士は「人々に『ありがとう』という言葉を、昨日よりもきょう、一回でも多く交わすような人間社会を創造に努力してほしい」と北海道の青年教育者にうったえられました。
毎日できることをしっかりこころがけて進みたい。(暖かな一日)

【投稿日】2009年12月23日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 加藤和彦さんのこと

毎日新聞12月21日付け「さようならの歌が聞こえる」で12月10日夜、東京・芝のホテルでおこなわれた加等和彦さんのしのぶ「KKミーティング」のことが書かれています。
「イムジン河」が流れ♪いむじんがわみずきよく・・・。
1968年プロデビューし、加藤さん、きたやまさん、はしだのりひこさんの3人で「帰って来たヨッパライ」はなつかしい。平和、愛などをホークソングにぶつけた活躍が思い出されます。政治的な臭いがあるとか、なんとか言われたこともあるようですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」など大学ではよくコンパでくちづさんだ心にしみる歌でした。もういちど聴きたい、行ってみたかったコンサートです。

【投稿日】2009年12月22日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会