公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 活動日誌)

◆ 校庭ブラッシング

5月29日午前7時30分ごろ、市立高根台中学校の校庭では、教職員と思われるお一人の方が校庭をブラッシングされていました。

6月1日の再開に向けて、荒れてしまった校庭表面の整備をし、生徒さんを迎える準備であり、とても心温まる光景でした。

【投稿日】2020年5月29日 【カテゴリー】活動日誌

◆ JAXA「こうのとり」把持に成功

「こうのとり」9号機は、5月25日にISSに到着し、ロボットアームによる把持が25日21時15分ごろ成功、誠におめでとうございます。

そして、ISSへの結合完了が26日明け方の予定とのこと、順調は運航を祈ります。

(JAXAライブ中継より)

【投稿日】2020年5月25日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 文化芸術

公明党文化芸術振興会議の浮島議長と千葉県本部長でもある富田副議長は、5月19日、萩生田文部科学大臣に収入を失った実演芸術家への1人当たり20万円の活動費支援の緊急要望を申し入れをされました。実に現場感のある申し入れと感謝の声が届きました。

船橋市の芸術家の皆様が「みんなで校歌をうたってみようプロジェクト」を立ち上げていただきました。歓声が聞こえてきます。

 全国的な感染の広がりをみせている新型コロナウイルスの影響で、小中学校は3月2日から臨時休校になりました。4月には緊急事態宣言が発出される事態となり、5月になっても休校が続き、子供たちは自宅で過ごすことを余儀なくされています。また、音楽・演劇・アートといった文化・芸術の分野でもイベント中止などが相次ぎ、市内のアーティストたちも活動場所に大きな制約を受けている状況です。

 こうした中でも、ライブ動画の配信やリモート演奏の取り組みなど新たな手法を使って「いま子供たちに向けて何かできることはないか?」との想いを持って活動を続けるミュージシャンが、市内には大勢いらっしゃいました。

 こうしたミュージシャンが集まり、校歌を通じて子供たちと繋がる「みんなで校歌を歌ってみよう」プロジェクトを実施することになりました。本プロジェクトは、ミュージシャンたちに市内小学校の校歌を演奏してもらい、その動画を配信することで、子供たちに自宅で家族と一緒に動画を見ながら校歌を歌ってもらおうというものです。自宅にいながらも「登校することへのワクワク」を感じてもらいたい、また、地域の皆さんに母校の校歌を楽しんでもらいたい、そんな願いが込められています。

 さあ、みんなで一緒に校歌を歌ってみましょう!

【投稿日】2020年5月24日 【カテゴリー】活動日誌

◆ changeはchance

地球規模のうねりを変化の好機に、との公明新聞記事に新たな生活様式のヒントがありますした。

生きる歓びをいつも謳歌すると、免疫が高まる。1日5回笑って、1日5回感動。そして元気になったら、その幸せを、周りの人に広げる。周りからかえってくる笑顔で元気で幸せになれる。

【投稿日】2020年5月23日 【カテゴリー】活動日誌

◆ JAXA9回連続打ち上げ成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機を載せたH-IIBロケットの打ち上げに成功したと発表した。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより経済活動や社会生活に甚大な影響が及ぶなか、JAXAは万全を期して準備を進めてきたという。

JAXAのホームページより映像をお借りしました。

感謝THANKS

HOPE希望

JAXAの皆様のお気持ちが強く伝わってまいります。

【投稿日】2020年5月22日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 玉川旅館の歴史

市役所の前に位置します歴史ある「割烹旅館玉川」が歴史に幕をおろしました。

太宰治が1935年夏から約1年3か月間滞在された市内人気のスポットでした。

一昨年、従兄弟が母校のギタークラブの合宿で玉川を利用され、タイムスリップしたような旅館ですね、と旅の思い出を届けてくれました。

【投稿日】2020年5月20日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 息抜き

公明新聞5月19日「北斗七星」を留めておきたい。

『息抜きとして趣味を持たないと、やがて「興奮しやすく、思慮に欠け、怒りっぽくなる」ので』かえって仕事の効率が落ちるらしい』とあります。パソコンも趣味にしたいと思い打ち込み、貼り付けに精を出しています。

【投稿日】2020年5月19日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 検察庁法案改正

 

 

【投稿日】2020年5月17日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 感謝のメッセージ

市ごみ収集作業者へ、市民の感謝のメッセージがたくさん届けられています。ゴミ収集ステーショッヘ、ゴミ袋に張り付けられ、コロナで大変ご苦労を心配されての感謝のメッセージです。市役所1階ロビーで紹介されています。

【投稿日】2020年5月14日 【カテゴリー】活動日誌

◆ 新しい生活様式

新型コロナウイルスとの共存。いよいよ正念場、いやまだまだ1回の表裏が終わったところとの見解もあります。新しい生活様式を自身の生活の中でごくごく当たり前のこととして生活に生かしていきたい。

 

【投稿日】2020年5月12日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会