公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 議会活動)

◆ ヘイワード・船橋交流30周年

10月23日船橋市・ヘイワード市交流30周年記念式典が市役所で行われました。

地道な平和外交と位置付けしたい。

ヘイワード市街地                ヘイワード市長と松戸市長、山崎副市長、公明党市議会4名

%e3%83%98%e3%82%a4%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%8920161023 1477838177277

【投稿日】2016年10月23日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 農地確認

農業委員会委員として耕作農地の調査に出かけました。古和釜、楠が山、大穴の周辺でした。豊かな農地も様々な理由で耕作ができない地域もありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【投稿日】2016年10月5日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 夏の思い出

夏は生命力を感じる躍動感のある一日です。

今朝も自宅前に蝶の生命力あふれる姿に触れました。

img_2891

img_2896

【投稿日】2016年8月31日 【カテゴリー】議会活動

◆ いしざきゆきおNEWS

IMG_20160504_0002

IMG_20160504_0002 (2)

田喜野井地区の皆さんの取り組みのご紹介と3月議会の質問をお知らせいたします。

【投稿日】2016年5月1日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

◆ 公明党 船橋総支部 時局講演会

4月13日(水曜日)習志野文化ホールで公明党 船橋総支部 時局講演会を開催いたしました。

参議院議員公明党長沢ひろあき氏を弁士に、また来賓として木村哲也氏を御迎えしました。

本年夏の参議院選挙、公明党は過去最高の歴史的勝利へ向けての陣列を整えました。

比例区の長沢さんは、この6年間数多くの実績を積み重ねてまいりました。その上で、地元船橋から運動が展開されました、あの「脳脊髄液減少症のブラッドパッチ療法の保険適用」の運動を、長沢さんは体を張って支援してくれました。

船橋の先輩議員、党員・支持者の皆様が広く社会に問題提起し、国会、厚生労働省、さらには日本医師会を説得する運動でございました。この度、厚生労働省は本年4月よりの「保険適用」を決定したのでございます。

【投稿日】2016年4月13日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

◆ いしざきゆきお議会報告

いしざきゆきお 議会報告

春色日ましに濃く、吹く風も肌に心地よく感じられる季節になりました。皆さまにおかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、本年度第1回定例議会では、食物アレルギー対策を質問し、学校では全職員のエピペン使用研修と専門家を講師とした研修会を実施すること、市立船橋医療センターには小児アレルギー専門医の配置などが決まりました。

また、従来より消防力の充実と強化を求めてきました古和釜地区に新たに消防分署と消防訓練所の建設が本年度からスタートします。
これからも、皆様のお声を実現してまいります。ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。                  2016年4月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【投稿日】2016年4月8日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

◆ 2016年第一回定例議会

2月19日に開会されました2016年第一回定例議会は、3月29日までの会期40日です。

市長から提案されました新年度予算案は、一般会計で2122億5千万円で、前年度比5.5%増になりました。

石﨑の質問は3月4日(金曜日)午後1時開始です。

本日、会派齋藤代表に質問項目を提出しましたので、ここに記します。

1.財政運営につぃて

2.健康政策について(予防接種、がん対策)

3.学校運営について(アレルギー疾患対策、法典東小学校増築)

【投稿日】2016年2月24日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 28年度予算要望

本日、松戸市長に28年度約140項目の予算要望を行いました。

【投稿日】2015年11月11日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 27年度第二回定例会 一般質問

船橋医療センターへ血液内科の設置と小児アレルギー専門医の配置を

質 問 「がんを知り、がんと向き合い、がんに負けない」街づくりが肝要だ。急性期医療、高度医療を提供する中核病院として、専門性強化面から、血液がんの対策で血液内科の設置と幼い命を守る小児アレルギー専門医の配置の見解を問う。

答 副病院局長 血液内科は、「船橋中央病院」及び千葉県済生会「習志野病院」と病床の機能分化と連携で対応する。小児アレルギー専門医の配置は、食物アレルギーによるショック等で救急搬送される小児の患者も多くいる。早期の対応で症状が軽減される事例もあるので、専門医による早期の診療体制が必要と考え、専門医の配置に努力する。

【投稿日】2015年6月12日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 27年度第二回定例会 議案質問

議案第1号

質 問 本年十月から「個人番号(マイナンバー)制度」の通知が開始される。市民から本制度の問い合わせを受けるコールセンター設置等の補正予算が計上された。事務の効率性、市民の利便性向上、公平な社会の実現につながるのか。

答 総務部長 市民は窓口での待ち時間の削減やコンビニで住民票の写し等が取得でき利便性が向上する。公平な社会実現については、所得や行政サービスの受給状況を把握しやすくし、税の負担を不当に免れる事や、不正受給を防止し、本当に援助が必要な市民へ、きめ細やかな支援を行うことができるようになる。

議案第14号

質 問 船橋市2歯科診療所(かざぐるま・さざんか)で行われる特殊歯科診療と口腔ケアの体制の充実及び在宅推進の取り組みとは何か。

答 健康部長 本年十月より常勤歯科医師を配置し、一般の歯科診療所では診療が困難な障害児(者)及び要介護高齢者の口腔ケアの体制として特殊歯科診療の充実と訪問による要介護高齢者に対する摂食嚥下機能強化を図る。誤嚥性肺炎や窒息等の事故や脱水・低栄養等の危険性がある方に改善指導を図り、安全に食事をとることができるようにする。

質 問 患者の増加時の対応はできるか。

答 健康部長 診療日を拡大し対応する。

【投稿日】2015年6月11日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会