公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 議会活動)

◆ ワクチン接種拡大施策

【投稿日】2021年6月23日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 新型コロナウイルスワクチンの集団設置開始

本日、新型コロナウイルスワクチンの集団設置開始を6月27日とする連絡が入りました。本添付文書は議員への連絡であり、6月15日付「広報ふんばし」で広く周知されることになりますので、ご確認をよろしくお願いいたします。

【投稿日】2021年6月11日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 船橋市 新型コロナウイルス・ワクチン接種体制強化

議 会 報 告 

昨日6月9日、市議会健康福祉委員会が開催され、市の新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化策を議論し、市保健所より次の新たな対策が示されました。

  • 医師会の協力で接種医療機関の拡大を図る
  • 6月中に複数の市集団接種会場を設置する
  • 今後、相談特設コールセンターでも接種の予約ができるようにする

 現在迄、75歳以上の市民に89,000枚の接種券を送付し、28,800回の接種が行われました。

今後は個別・集団合せて1週間25,000回の接種で「高齢者7月末接種完了目標」を目指します。

  多くの人がワクチン接種を受け、社会全体が集団免疫を獲得すれば、体質や病気などの理由から接種を受けられない人達をも、感染症の脅威から守ることできる、と識者は訴えます。暮らしと命を守る接種、船橋はもとより世界各国で順調に進むことを切に願ってまいります。

【投稿日】2021年6月10日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 松戸市長へコロナ緊急要望

新型コロナウイルスワクチン接種に関する緊急要望をおこないました。

【投稿日】2021年5月24日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 令和3年 第1回臨時会 開催

議 会 報 告

令和3年度 第1回臨時会 開催

 4月15日、16日の二日間、臨時会が開催され、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、低所得の子育て世帯に対し生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給することを決めました。給付額は児童1人当たり一律5万円、5月11日の4月分の児童扶養手当にプラスして給付,給付対象世帯は3,344世帯の見込みです。

  一方、期待されているワクチンは、国から市へのワクチン供給が遅れ、段階的に4月から5月上旬に供給されるワクチンは、供給量が限られているため、高齢者施設入所者等への接種になります。また、4月12日より変異株PCR検査を市独自に開始、1日最大20件の検査を行うことが可能になりました。

 4月16日、船橋市は「まん延防止等重点措置」の対象地域となりました。徹底したマスク着用、うがい、手洗いの感染対策を実行してまいりましょう。

 船橋市新型コロナウイルス感染症相談センター ☏047-409-3127 

(月)~(金)   午前9時~午後7時

(土・日・祝・休) 午前9時~午後5時

新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンター  ☏050-5526-1142 午前8:00~午後5時

 

【投稿日】2021年4月17日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 船橋市動物愛護と管理に関する条例の一部改正

船橋市は平成19年4月に動物愛護指導センターを開設し、市民の動物愛護精神の高揚と動物の適正な飼養を図るため、市民や動物愛護に関わる団体、事業者と共に動物愛護管理に係わる取り組みをすすめてきました。その後、「動物の愛護及び管理に関する法律」が大幅に改正されるなど、本市の動物愛護管理行政を取り巻く環境も大きく変化してきました。

 今定例会で改正された条例の概要は次の通りであります。

  • 市が目指す方向性を「人と動物との調和のとれた共生社会の実現に資する」と新たに規定しました。
  • 飼い主の定義を改め、飼い主を「動物の所有者又は占有者」とし、飼い主は「単に餌を与えるなど飼養をする者」ではなく、「所有者として責任をもって飼養する者」と明らかに示し、飼い主の責務遵守を求めました。
  • 「飼い主になろうとする者」の責務を規定し、動物を飼い始める前に、動物の習性などに関する知識の習得し、終生に渡り動物の飼養をすることに対して慎重に判断する必要があることが新たに規定されました。
【投稿日】2021年3月25日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 子育て支援事業拡大

子育て支援事業の拡大

療育費支援事業

養育費の取り決めから履行確保までの課題を解決するため、弁護士による法律相談や離婚前後の方を対象としたセミナーの実施、公正証書・調停調書作成支援、療育費保証の初回保証料補助や面会交流の費用補助といった総合的な支援を行うことで、ひとり親家庭等の生活の安定と向上を図る事業です。

不妊治療費等助成事業

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)及び一般不妊治療を実施した夫婦を対象とし、治療に要する費用の一部を助成することにより、経済的な負担軽減を図ることにより、早期の受診、治療に繋げて行く事業です。家族の温かな支援と治療により赤ちゃんを授かり、産声を聞き涙する母の最高のほほ笑み、成長する子どもたちの声が響き渡るまちづくり、明るい希望が膨らみ増します。

【投稿日】2021年3月24日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 令和3年度 第1回定例会 新年度予算

船橋市総予算(一般会計、特別会計、企業会計)は3,739億2,622万円

 令和3年度の一般会計の予算額は、2,121億7,000万円となり、前年度と比べて4億8,500万円、率にして0.2%の増となりました。歳入に占める市税(市民税・固定資産税等)は9,790億円で全体の46%です。

新型コロナウイルス感染症対策や安心安全な市民生活に必要な経費が計上され、加えてこれまでの行財政改革集中期間の考え方を継続し、普通建設事業費を抑制し、市債(借入れ)の発行を抑えました。

 特別会計は、国民健康保険事業特別会計や介護保険事業特別会計等であり、予算規模は1,032億8,100万円で、前年度と比べて34億8,100万円の減となりました。

 企業会計は、地方卸売市場、船橋医療センター病院、下水道の3会計で、総予算規模は前年度より29億減の584億7,522万円となりました。

  新型コロナウイルス感染症対策事業予算 90億円

臨時予防接種 26億万円:新型コロナウイルスワクチンの臨時予防接種を実施します。

患者受入病床の確保に対する支援 49億万円:新型コロナウイルス感染症患者の入院受入れを行う医療機関を支援します。

感染拡大防止のための体制確保 15億万円:相談センターやPCR検査外来の体制整備、軽症者・無症状者のための宿泊療養施設の運営などに継続して取り組みます。

 その他、介護者不在時の障害者支援障害のある方を自宅等で介護する保護者等が陽性になった場合、濃厚接触者(陰性)となった障害のある方を短期施設入所で受け入れるため、市内の障害福祉サービス事業者と連携し支援体制を構築します。

 政府は318日、緊急事態宣言の全面解除を決定しました。船橋市は、引き続き警戒態勢を維持し、感染症対策事業総額90億円を新年度予算に計上しました。高齢者の方へは当初3月中旬以降にワクチン接種券を郵送する予定でしたが、国からのワクチン供給が遅れていることから、4月中旬以降に変更になりました。何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

質問と相談は船橋市ワクチン接種・相談コールセンター 電話番号 050-5526-1142 対応時間 8:00から17:00

【投稿日】2021年3月23日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 新生児聴覚検査事業

健康福祉分科会での質疑のメモを記します。

衛生費、保健衛生費、母子保健費の妊婦・乳幼児健康診査費は、新規事業として新生児聴覚検査事業費14,496千円計上されました。

初回検査は生後3日以内に出生した医療機関で行い、平均的検査費用6,000円の概ね半額の上限3,000円を助成するものです。

助成の対象は、原則、生後50日までとなっていますが、未熟児の子どもさんなど特別な配慮が必要な場合は、検査時期50日を超えてからの場合についても、助成対象となるよう柔軟な制度設計にしていただきました。

聴覚障害は、早期に発見適切な支援が行われた場合には、聴覚障害による音声言語発達への影響が最小限に抑えられることから、その早期発見・早期療育を図り、新生児を対象として実施することが重要との認識で、我会派としても、故藤川議員を中心に粘り強く予算要望してまいりました。

事業の推進には、母子保健手帳別冊に受診票を追加し利用の案内し、新生児全戸訪問時には助産師等により、新生児聴覚検査を受けたかなどの声かけをしていただけるとのことです。本事業をはじめ母子の健康を守る事業で、子の小さな体に母の大きな愛情をあふれんばかり注いでいただく事業に発展させていただきたい期待します。

大穴地区の畑の清冽さを見ながら。

【投稿日】2021年3月20日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ きめ細やかな支援事業

健康福祉分科会の質疑メモを記します。

民生費 社会福祉費 障害者福祉費 介護者不在障害者支援事業費は、 20,273千円が計上されました。

新型コロナウイルス感染症対策として、介護者が陽性となり不在となった濃厚接触者(陰性)の障害者を短期入所施設で受け入れる新規の支援事業であります。コロナ対策事業でありますが、財源内訳は国・県が266千円、一般財源20,007千円であり、市単独の事業といってもいい財源構成であります。

濃厚接触者入所受け入れ事業者の皆さんに、安心してこの事業に協力していただくため、衛生用品や施設消毒など、市が独自に必要と考えた予算計上であります。高く評価いたします。このような事業計画を立てる姿勢は、北総育成園での貴重な経験が生きているのではないでしょうか。

ぜひとも、積み重ねた知見を持って引き続き障害者支援を幾重にも幾重にも尽力いただきたいことをお願いいたします。

 

【投稿日】2021年3月18日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会