公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

月別アーカイブ( 議会活動)

◆ 海老川上流地区まちづくりの課題

令和2年9月に海老川上流地区メディカル構想事業費に約54億円の積算漏れが判明し、組合設立準備委員会と本市都市計画部で事業内容を精査していました。この度新たな事業計画案が明らかになりました。

総事業費は現行計画より34億円増の192億円。うち工事費は、28億円増の155億円となる見込み。

今後は当初計画の2023年度末医療センター建替えし新病院開院、また東葉高速鉄道の新駅誘致のための財政負担約50億円の財政手腕が問われます.

 

【投稿日】2021年1月16日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ (再度) ワクチン接種対策関係予算を専決処分で計上

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

船橋市保健所を中心に懸命に拡大防止施策をとっておりますが、陽性患者発生が止まりません。さらなる警戒態勢、警戒心が必要です。

 

政府は新型コロナウイルスのワクチンを「感染対策の決め手」と位置づけ、早ければ2月下旬にも接種を開始できるよう体制整備を急ぐ方針が示し、市町村に通達しました。

国の通達を受け、1月12日、松戸市長よりワクチン接種対策関係予算を専決処分で計上する旨、議会に報告がありました。

内訳はワクチン接種通知印刷・発送業務委託費及びコールセンター運営業務委託費、合計141,658千円です。

3月初頭から発送開始する接種通知印刷、接種に必要なクーポン券などの準備を進める予算及び2月15日開設する市民の問い合わせに答える30回線分とオペレータによるコールセンター運営予算等であります。

医療機関での高齢者の個別接種委託料及びワクチンの運搬に必要な超低温冷凍庫購入費も含まれています。

ワクチンの接種は、すでにアメリカやイギリスなどではすでに始まっていますが、国内ではアメリカの製薬大手ファイザーのワクチンの承認申請が行われ、早ければ2021年2月中にも承認されるかどうか結論が出る見通しがたちました。

国全体としては、今後、2月下旬をめどに先行して1万人程度の医療従事者に、3月中旬をめどに残るおよそ300万人の医療従事者に接種を開始できる体制を整備します。

続いて3月下旬をめどに高齢者に接種できる体制を確保し、そのほかの人については基礎疾患のある人などを優先しながら4月以降に接種を始める方針です。

接種の流れは?

接種を希望する人は、住民票を登録している市町村で受けることになりますが、単身赴任している人や入院している人などは、例外的にほかの市町村での接種が認められます。

接種を受けるのに必要なクーポンは、市から順次自宅に郵送されます。

その後、電話などで予約して接種会場となる医療機関や、市の公民館や体育館などにクーポンを持参すると無料で接種を受けることができるとされています。

詳細は市役所からの通知をご確認ください。

【投稿日】2021年1月15日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 船橋市コロナワクチン接種関係予算専決

 新型コロナウイルスのワクチンについて、政府は「感染対策の決め手」と位置づけ、早ければ2月下旬にも接種を開始できるよう体制整備を急ぐ方針が示され、市町村に通達しました。

 それを受け、1月12日、松戸市長よりワクチン接種対策関係予算を専決処分で計上する旨、議会に報告がありました。内訳はワクチン接種通知印刷・発送業務委託費及びコールセンター運営業務委託費、合計141,658千円です。

 2月下旬をめどに医療従事者、3月下旬をめどに高齢者、その後、基礎疾患のある人などを優先し、接種に必要なクーポン券などの準備を進める予算及び2月15日開設する市民の問い合わせに答えるコールセンター運営予算であります。接種は、単身赴任や入院中の人などを除いて原則、住民票を登録している市町村で、接種を受けるのに必要なクーポンが順次、自宅に届けられます。

【投稿日】2021年1月14日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 旅券申請パスポートセンター設置 

船橋市パスポートセンター開設

 

船橋駅前にあるFACE(フェイス)ビル(船橋市本町1)5階の船橋駅前総合窓口センター内に「船橋市パスポートセンター」が来月2月1日、開設されます。

旅券(パスポート)事務について、これまでは千葉県が行っておりましたが、旅券法改正により、2016(平成28)年から市町村への権限移譲が進められ、本市においても市民サービスの向上を目的に市窓口を開設されることになりました。

一昨年、パスポート申請をした船橋市民は約2万5000人。これまでは千葉県旅券事務所もしくは地域振興事務所の窓口へ行きましたが、船橋駅前総合窓口センターで手続きができるようになります。

これにより従来と比べ、受付窓口までの移動時間の短縮、交通費の負担軽減、申請時に必要な戸籍謄本が市内に本籍のある人であれば、船橋駅前総合窓口センターで取得でき、パスポート用の写真撮影、印紙・証紙の購入も可能で、ワンストップで手続きすることができ大変利便性が上がります。

【投稿日】2020年12月23日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 後期高齢者医療費窓口負担

【投稿日】2020年12月11日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 令和3年度予算要望

本日、10月26日、松戸船橋市長に船橋市議会 公明党市議団の令和3年度予算編成に関する要望書を届けました。11分野313項目の内容になりました。

重点項目として8点を記します。

 

重点項目1

公文書管理条例の制定と公文書の適正管理を行うこと

①公文書管理法に基づき公文書に関する理念を明確化

②理念に基づいた公文書の適正管理と活用の検討

 

重点項目2

市公式アプリ「ふなっぷ」の積極的活用に努めるこ避難所の混雑状況や周辺避難所などを、避難者があらかじめ把握できるような情報発信

  • 隣接市の避難所情報の掲示(県・近隣市との協議)
  • みまもりあいアプリを起動、またはインストールを促す仕組み
  • 市民便利帳など、市民に広く配布される冊子へのリンク
  • 電子申請の充実と使い勝手の向上
  • 学校における防災教育などへの活用

 

重点項目3

ゼロカーボンシティの表明をすること

 

重点項目4

令和3年4月の社会福祉法改正に向けて体制を整備すること

  • 重層的支援体制整備事業

「断らない相談支援」・「参加支援」・「地域づくり」・「アウトリーチ  (訪問)型支援」を一体として行うこと

  • 8050問題、ダブルケア、高齢者虐待などの、複合的な課題解決  のた め、住民・民間団体等と連携するなどのソーシャルワーク(社会福祉援助技術)ができる職員を育成すること

 

重点項目5

結婚新生活支援事業を導入すること

 

重点項目6

円滑に産前・産後の支援、特に産後ケアを提供できる体制を構築すること

・妊産婦等への育児用品等による支援

 

重点項目7

GIGAスクール構想の早期実現に努めること

・機器のトラブルにすぐに対応できる一元的な窓口体制を早急につくること

 

重点項目8

文化と賑わいの発信地であり、玄関口でもある船橋駅南口の市街地再開発事業(C街区と西武跡地再開発)について、積極的にリードすること。

 

 

【投稿日】2020年10月26日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

◆ 北習志野駅の朝

北習志野駅、朝の駅頭活動で一日をスタートし、多くの方に激励をいただくことができ格別の喜びです。マスクを浮かせ挨拶を返していただいた今朝でした。

 

【投稿日】2020年10月20日 【カテゴリー】議会活動

◆ 小さな声を聴く力 いしざきゆきお通信 2020年秋

10月5日令和2年第3回定例議会が閉会されました。『小さな声を聴く力 いしざきゆきお通信 2020年秋』を発行しました。「新型コロナウイルス感染症緊急対策(船橋市緊急対策パッケージ第4弾)補正予算額75億円」を審査し、その事業について記しました。また、裏面には、健康福祉分科会での市立医療センター、リハビリテーション病院決算の概要をご報告させていただきました。

【投稿日】2020年10月5日 【カテゴリー】アクティブレポート,月刊石崎レポート,活動日誌,議会活動

◆ 令和2年第3回定例議会 健康福祉分科会決算審査

令和2年第3回定例議会 健康福祉分科会での決算審査について概要を記します。

 

船橋市総合計画が示しています「いたわりあい」と「支えあい」の心に満ちた町まち、子どもからお年寄りまで安心して暮らせる健康福祉の先進都市の形成、そして市民が生涯を通じて健康で生き生きと暮らすことができるよう、保健・医療・福祉の連携と体制の充実が求められています。

適切な医療の確保としての市立医療センター、市立リハビリテーション病院、特殊歯科診療事業、看護職員の確保、市立看護専門学校が整備されています。

市立医療センター、市立リハビリテーション病院関係の決算について

 

市立医療センターは、1983年(昭和58年)の開院し2019年度(令和元年度)は36年目にあたりました。地域医療機関と連携を図りながら、急性期医療および高度医療を提供する本市はもとより東葛南部保健医療圏の中核病院として地域医療の充実・向上を目指し、また災害拠点病院として、災害時の救命医療を行う高度の診療機能の維持・確保に努めてきました。

本年度一般会計決算では、医療センター新病院への基本計画が示される中、25款衛生費 10項保健衛生費 保健衛生総務諸費、医療センター建替基本設計発注準備業務の委託で24,955千円が決算されました。この委託事業の中で、概算事業費が算出され、464憶円や480憶円という試算が出されました。一方で、この発注に先立つ2年前、2017年発注しました「市立医療センター建替基本計画策定支援等業務委託事業」では、概算整備事業費437憶円となっているとのことです。それぞれの概算事業費は、十分な検証が必要であります。

2019年度病院会計の主な経営指標であります経常収支比率は、100.8%、医業収支比率は98.7%と中期経営計画に沿って、経営改善がされました。一方、収支では、医師の数が増加したことによる給与費の増加、材料費は外来化学療法件数の増加に伴う高額な抗がん剤の使用量が増加したこと、また、高額な診療材料を使用する治療件数の増加等で前年度比較、収益が費用の伸び率が高くなりました。純利益が前年度約5億8千万円から本年度約3億6千万円と減少しました。しかし、これは安全な医療、医療水準の高い診療を意味するものと認識します。

2019年年4月より乳腺外科で遺伝カウンセリングを専門とする外来がスタートし、患者20名に対して乳腺外科の医師1名がカウンセリングを行い、ほか2名の医師が遺伝カウンセリングを行いました。今後は大学病院を中心としたゲノム拠点病院と連携し、遺伝子治療の分野も推進していく考えも明らかにされました。 同年7月1日付けで厚生労働省から「医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方」等が示され、医療センターにおいても医師の働き方改革に取り組み、時間外労働と自己研鑽の考え方を整理し、本年4月より時間外勤務手当の支給がされています。センター基本方針の「良質なチーム医療、働きがいのある職場つくり」につながる改革であります。

また、本年4月、医療センター建替工事設計委託の受託候補者が選定されましたが、執行見送りとなりました。今般、事業計画に大変な困難が発生しましたが、どうぞ英知を結集し乗り越えていただき、医療センターの理念であります「患者に信頼される医療」の実現を要望する。

市立リハビリテーション病院は、急性期から回復期にかけての集中的なリハビリテーションを行い、早期の社会復帰を図る必要性から2008年(平成20年)4月1日に開院し、2019年度は11年目でした。病院運営は、病床数200床、指定管理者・医療法人輝生会による管理運営を行っており、診療費等の収入は、指定管理者の収入になる利用料金制度が採用されています。利用料金制度の中、本年度一般会計決算では、25款衛生費、リハビリテーション病院運営費、決算額4,221千円が計上されました。この主な経費は、診断書作成業務委託料であり、病院の診断書作成料を一旦、本市一般会計の歳入、手数料として受け入れ、指定管理者に委託料他としてほぼ同額を支出しているものでありました。正確な事務事業と認識しました。

法人病院運営は、3年間の中期目標を策定し、中期行動計画を定めておりまして、2019年度は経常収支比率目標値103.0%のところ、実績値は102.9%とほぼ目標を達成しました。総収益は、3,679,509千円、総費用は、3,575,170千円であり、当期利益は、前年度よりも約37%増の104,339千円とおおきく伸ばしました。さらに、本市との基本協定において、剰余金の1割は次事業年度の地域リハビリテーションの充実に充てることと定められており、市内の回復期病院との連携や市民公開講座の開催、地域の民生委員、自治会、社会福祉協議会、在宅介護支援センターの方を対象として病院見学会をおこなっています。リハビリテーションの効果は、全国平均よりも高い結果を出しており、病院の評価は高いものと認識しています。

医療センター、リハビリ病院、さざんか・かざぐるま、看護専門学校の知見を最大限生かし、健康で安心した生活環境の整備にさらに取り組まれていくこと切望する。

【投稿日】2020年9月18日 【カテゴリー】活動日誌,議会活動

◆ 新型コロナウイルス感染症に伴う支援策

特定定額給付金(1人10万円)の申請方法など、支援策に情報をお知らせいたします。

なお、船橋市における特別定額給付金の情報は、追って確定しますのでその際には情報を更新し、再度お知らせいたします。

【投稿日】2020年5月1日 【カテゴリー】アクティブレポート,活動日誌,議会活動

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会