公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 娘へ「命をつないでくれるかな」

平成28年2月26日読売新聞から

東海地方の病院で脳死と判定され、臓器提供をした6歳未満の女児の家族が、亡き娘に宛てて書いた手紙が公表されました。

「命はつなぐもの。困っている人につないでくれるかな」と、語りかけるようにつづられていた。

手紙には、娘の回復を願ったがかなわず、「辛くて辛くて、寂しくて寂しくて泣いてばかりいた」こと、医師から臓器提供の道があると聞き、悩んだ末に了解した経緯がかいてある。決断したのは、「(娘が)人を救うことができたり、その周りの皆さんの希望になれるとしたら、そんなにも素晴らしいことはない。生きた証じゃないか」と考えたからだという。

娘に対して、「(臓器移植が)もしいやだったらゴメンね」とわびつつ、「人の命を救う。難しいことで、お父さんもできるかどうかわからない。とても素晴らしことなんだよ」という父親の言葉でつづられていた。「お母さんをもう一度抱きしめて。そして笑顔をみせて」という母親のかなわぬ思いもしたためられている。

女児の肝臓、腎臓は、10歳未満の男児などに移植された。

【投稿日】2016年2月28日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会