公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ はねても、とめても正解

この度、文化庁の文化審議会漢字小委員会は、漢字の手書き文字について、「はねる」「とめる」など細かい違いで正誤はなく、多様な漢字の形が認められていることを説明する指針案をまとめた、との報道記事がありました。

現在の常用漢字表でも、漢字には様々な書き方があり、細かい違いは許容されるとしている。点や線の「長短」「方向」「つけるか、はなすか」「はらうか、とめるか」など、違いがあっても同じ漢字としてみとめる方向性が示されました。

「はね」「とめ」や点の向きのなどの違いで、人によっては正しいと考える字形が違う事は2014年度国語に関する世論調査で判明しています。

私もどちらかというと、この判断には少々違和感があります。「点の方向」などは典型的で、違う方向を示す点など、それを同じ漢字とは認め難い、とこの50年思っていたことです。小学校で先生が黒板に向かって大きな体を使って書き順を指導していただいたことを、昨日のように思い出します。

【投稿日】2016年2月10日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会