公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 25年第4回 12月2日

  

25年第4回 12月2日

■「旧陸軍雨水管の危惧」について質問。

薬円台周辺には旧陸軍の雨水管が埋設され、その老朽化を危惧しております。ここでは、戦前、戦後、旧陸軍の教育隊がありまして、現在はその跡地に、小学校、高校、公務員宿舎などの公共施設と民間住宅が建ち並んでおります。前の議会で取り上げましたけれども、この雨水管が住宅の下に潜り込んでいると、このような問題でありましたけれども、これについては担当課のご尽力で、順次、別ルートでつけかえ工事をすべく、準備に入っております。まあ、ほっとしたところではございます。
 しかし、事態はさらに深刻度を増してまいりました。本年初めより、雨水管脇の住宅地、陥没事故2件、発生いたしております。担当課、緊急事態を十分に認識され、対応していただいていることについては、大変感謝を申し上げます。しかし状況は待ったなしの状況です。本格的な対策が必要です。しかし私の財産、国の財産、県の財産、市の財産と、公共施設と民間の施設が入り組んだ権利関係になっておりますので、大変微妙な解決策が求められております。しかし、早急な対策が必要であると、このように思います。担当課のご答弁をお願いいたします。

◎下水道部長(長岡秀樹) 老朽化対策の所管事項についてお答えいたします。
 薬円台及び西習志野の民有地に埋設されている雨水管は、戦時中、旧陸軍習志野教育隊がありまして、その排水を目的として設置したものと思われます。当雨水管は相当の年数がたっていることから、議員ご指摘のように民地内で陥没が発生し、市で応急措置を行っているところであります。当該雨水管は旧陸軍で設置したものとされていることから、所管について国・県と協議しているところでありまして、いまだ明確になっておりませんが、引き続き協議を行ってまいります。なお、今後も陥没等が発生しましたら、市民の生活環境、財産を守る観点からも、市で迅速に対応してまいります。
プレミアム付き商品券について質問。

政府による緊急対策事業で、全国的に景気が回復していると、このように言われております。しかし一方、地元の経済界の方々は、景気回復、まだまだだと。2年も3年も先だよと、このように大変厳しいお言葉をいただいております。政府が打っている経済対策を、この地元の経済にどのように連動させていくか。このようなことが政治の課題であると、このように思います。経済部として、現在の市内の景気経済、どのように分析して対策をどう考えているのか、伺います。

その上で、具体的な施策として、地元経済界としっかりと連携をとりながら、景気の持ち直しから回復に向けて地域経済の活性化を図るため、ぜひともプレミアム付き商品券事業に取り組むことについて要請いたしたいと思います。ご見解を伺います。

◎市長(松戸徹) 経済対策とプレミアム商品券についての第2問にお答えします。
 私も、市長に就任させていただいてから、経済関係、商業・工業・農業・漁業ですけれども、各分野の方といろいろお話をさせていただきました。そういった中で、やはり船橋市、非常に各分野で皆さん努力されていて、そういった中で、まず結果を生もうという形、努力が非常に強く感じられています。船橋市のこれからの発展のために、やはり地域経済というのはしっかりとやっていかなければいけない。これはもう、申すまでもないわけでありますし、私としても、そういった意味での振興を図っていきたいと思っております。
 今、議員のほうから、経済の部分での2の矢、3の矢というお話がございました。私は、この経済振興のところで1つ考えなければいけないと考えているのは、やはり緊急的にバックアップしていくやり方が1つ。そしてもう1つは、やはり経済の各団体がそれぞれ体力をつけてもらう。この両面からやっていく必要があると私は思っています。そういった意味で、特に商店街に関して言えば、市民の皆さんの日常生活には欠かせないものでありますし、先ほどご質問の中で触れられたように、商品券の中ではいろいろな効果があったというお話でございます。
 私は、やはり事業を行う上では、やはり今後の各商店街の皆さんの体力をつけることにつながるような施策が、やはり一番必要だと思っているところでもございます。それで、商店街が活性化するために、やはり、これはお話をしたことがありますけれども、各個店がそれぞれ力をつけてもらう、そういったいろんな取り組みをしていただくことも必要だと思っておりますし、現にそういった取り組みも始まっている商店街もございます。
 で、プレミアム付き商品券につきましては、先ほど部長のほうから答弁いたしましたけれども、商店会連合会、そして商工会議所とも、今、いろいろ協議をしているわけでありますし、全体として最終的にどういったことが一番いいのかということを勘案して、最終的に判断させていただきたいと思っております。

【投稿日】2013年12月17日 【カテゴリー】議会活動

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会