公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 「仮の町」構想

原発事故から避難住民のコミュニティー維持を目的に、別の自治体に役場機能や学校などを移し、当面の定住先とする構想という。受け入れ候補のいわき市では、「住民税をもらっていないので、市民の間から『不公平だ』という不満の声がでている」との新聞報道もある。実態として住民票が2自治体に存在し、両自治体の公共サービスが受けれれることが住民サービスの基本になるのでしょうか。
千葉市稲毛区の知人、先輩を尋ねました。突然の訪問にも快く対応して下さり、近況を互いに確認することができました。体調の変化、ご家族の看護など日々の生活にご苦労もあるようですが、訪問対話で明るい笑顔が戻ります。
【投稿日】2012年5月21日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会