公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 生きる

朝日新聞10月31日付け「暴言にもめげず老いを生きる」75歳の女性の投稿記事があり留めておきたい。
女性は「さっさとやれ。待ってるんだ」と怒鳴られた。現金自動出入機を操作している時のことだそうです。
続いて女性は「若い人たちの境遇が先行き不透明で希望のない昨今、役に立たない老人がそこここにあふれて既得権を振りかざしているのはさぞ目障りのことなのだろう。あまり長生きはしたくないものだと半月落ちこんだ。」とありました。
しかし、76歳の皇后様のお言葉を新聞で読んで感動し、老いていく自分を「おかしがったり、少し心細がったり」して生きていきましょうと思い、「今日も炊事・洗濯に励んでいます」と結ばれています。
日常の生活の中に生きるエネルギーがあることを教えていただきました。

市内3箇所視察しました。若松小学校耐震工事・医療センター緩和ケアー病棟・医療公社マンモグラフィー
【若松小学校・耐震工事】

【投稿日】2010年11月1日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会