公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 東京電力電柱に町名番地標示の推進

18年度第一回定例議会で次の通り質問しましたところ、担当課より提案の第4について、電柱の管理会社が広告看板の下の住所スペースにはすべて地番表示を入れているので、入っていない電柱がある場合は連絡をすれば対処するとの報告をいただきました。

(右の画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

次は火災の現場からです。

2月初旬夕方の飯山満3丁目で火災がありました。消防局の懸命な消火活動がありました。軽症一人、住宅全焼一軒、半焼一軒、眼前に広がる火災の恐ろしさを知りました。

消し止められた後、町会会館に避難されたご家族を前に、お見舞いの言葉、勇気づける言葉も失いそうでした。どんなにか不安の日々を過ごしたことでしょう。

この火災で懸命に指揮をとる地元町会長さん、役員さんをはじめ地域の方々のご意見を聞きしました。

一つは、火災発生地域は住居表示が未整備であることです。この地域は地理に詳しくないと、地番で目的地を探すことはとても難しいことを、私も日常活動を通し感じております。

二つには、消防局への火災第一報は携帯電話からということから、その情報が100%生きた情報として消防局へ伝わり、生かされたのか。

加入電話からの通報であれば火災現場が特定しやすくなります。一方、携帯電話からの通報ですと、その情報が充分生かされない場合もあるのではと危惧する意見です。

以上の住居表示が未整備、通報場所が特定できない携帯電話、この二点からより正確に火災現場を消防局に伝達しやすくする一助として、次の点を現場から提案し、ご見解をお伺いいたします。

* 地域にある住所表示を地域の人にも、訪れる人にとっても分かりやすいものにする。学校など公共施設建
物には目立つ住所表示をつける。
* 市内で営業するバス会社の停留所のポール(停留所表示)にも住所表示をつけることの協力をお願いす
る。
* 市の条例や宅地開発事業に関する指導要綱の中に、住居表示未整備地などに「新たに建設される建物
のうち、交差点から10メートル以内の建物、または3階建以上の建物、または一定敷地面積以上の建物
には住所表示の協力をおねがいする」との項目を盛り込む。
* 電柱に住居番地表示があり助かりますが、番地が表示してあるものと、表示スペースがあるのに町名し
かあらわしていないものがあります。広告会社か電力会社の所有物であるとおもいますが、住居表示未整
備地域だからこそ地名と番地の表示をお願いする。

消防局は市内の770を越える町会・自治会の場所は掌握されているとのことです。町会・自治会の案内板を作成し、地域で掲示すること。

【投稿日】2009年6月22日 【カテゴリー】アクティブレポート

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会