公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 遠くの方をみてみれば

地元商店会長にうかがいました。「物事に行き詰ったときは、前ばかり向いて行かないで、3歩下がって同じ風景を見てみなさい。すると広角的にみえて視角が変わり、視野が広くなりますよ」
と。
北朝鮮核実験を一面で報道する今日の夕刊・毎日新聞の13面に黒井千次「こころの風景」を留めておきたい。
「遠くを見なくなったな、ふと思う。遠いものを見なくなったのか、遠くの方を見なくなったのか、そのあたりははっきりしないのだが、ある時期まではもっと遠くを眺めながら暮らしていた気がする。(中略)近くにものが多過ぎるのでついそちらに目を引かれてしまうか、自分がただ俯きがちに暮らしているために過ぎないか。(略)」

【投稿日】2006年10月10日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会