公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 「できないことを頼むことが恥ずかしいですか」

何でも一人でできることが自立なのではない。
「すみませんが、私のお尻をふいていただけませんか」。
手足が不自由でトイレの始末を自分でできない医師の話として「発信箱」(毎日新聞06.1.7)は伝えてくれます。
できないことを遠慮なく頼める、頼みを聞いてくれる人がいる、それが太古の昔から群れで暮らしてきた人間にとっての自立であると結論としています。
ハンディキャップを持った児童の育児を熱く語ってくれたお母さんの言葉が新鮮でした。
冬の夜明けは宇宙をちょっぴり感じさせてくれます。野口宇宙飛行士の見たものとダブらせてしまいます。

【投稿日】2006年1月13日 【カテゴリー】活動日誌

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会