公明党船橋市議会議員 石崎幸雄(いしざきゆきお)は船橋市民の皆様の生活向上のために全力で働きます。

公明党船橋市議会議員|石崎幸雄(ゆきお)

◆ 令和4年第1回定例会 質問(3月1日)

・国際交流・平和への取組について

先週、2月24日、ロシア軍がウクライナに軍事侵攻しました。翌日、2月25日新聞各社の一面は「ロシア、ウクライナ侵攻」の大見出し。本日、3月1日の各紙の一面は、両国代表団の直接協議、停戦協議が始まったことを報道しています。

公明党山口代表は同日、「軍事力を行使し、力による一方的な現状変更は断じて許されない。これはウクライナという局地的な問題ではない。国際社会で力を使った国が優位になり、国際法が意味を成さないものになってはならない」と訴えました。

国際社会は冷戦後 最大の危機を迎えている、との論説がありました。

記憶にあたらしい、2月11日、北京冬季オリンピックでスケルトン男子競技を終えたウクライナの選手がウクライナの国旗の色である黄色と青色の紙に「No War in Ukraine」と書かれたメッセージを掲げました。「これが私の立場だ。普通の人と同じように、私は戦争を望んでいない」と、選手の言葉が伝えられました。

昨年、12月末現在、本市には ウクライナ人は 16人、ロシア人は 74人が、市民として登録されています。

本件は外交問題でありますが、本市市民の故郷のことであります。 本年、「平和都市宣言」から36年を迎える本市は、戦争の悲惨や平和の尊さを市民とともに考え、平和に関する事業を行ってまいりました。

関係国から来た市民に、本市の「平和への取り組み」「平和の心を」、  一刻も早く故郷に平和が取り戻されることを願う気持ちを伝えていくことは、平和都市・船橋市の極めて大切なメッセージと思いました。

松戸市長より「平和の心」「平和の想い」「平和哲学」を発信していただきたいと思います。

冷戦後の最大の危機が早期に終息し、一刻も早く世界に平和が取り戻されることを心から願ってやみません。

【投稿日】2022年3月2日 【カテゴリー】議会活動

■最近の活動日誌更新

■最近のアクティブレポート更新

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

■検索

■以前の記事(年)

石崎幸雄(いしざきゆきお)
■現 職
船橋市議会議員(3期)
■所属委員会
文教常任委員会
議会運営委員会